CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫!
ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫! (JUGEMレビュー »)
井上 緑,小方 宗次,金安 まゆみ
ご長寿猫さんと暮らした方の体験談や一度は考えておきたい事、介護のコツ等も載っています。とても参考になる一冊です。
RECOMMEND
アクセスカウンター
健次郎
甲状腺機能亢進症、慢性腎不全、膵炎等 沢山の病気と闘いながらも、20歳9ヶ月まで 一緒に居てくれました。 このブログの最初の主役です。

雪音
健次郎の相方。 1995年10月生まれ 2017年の春から 原因不明の肺の病と闘い、 8月21日に健次郎の所に旅立ちました。 このブログの2番目の主役です。

MOBILE
qrcode
呼吸の変化
0

    JUGEMテーマ:病気と闘う猫

     

    いつかどなたかの参考になれば...

    と思い、雪音の呼吸の変化の動画を公開します。

    (※あくまでも雪音の場合です。

     同じ様な経過を辿るとは限りません。)

     

    最初の二つは可愛いので、

    見るのが切なくなりますが、

    呼吸に注意して見て頂けたらと思います。

    (三つ目の動画のみ敢えて録りました。)

     

     

     

    7月15日(旅立つ約40日前)

    咳は時々出ていましたが、まだ呼吸は

    苦しそうではありませんでした。

    只々、可愛くて録った動画です。

     

    こんなに寛いでいたのですから、

    まだ本にゃんもそれほど苦しくなかったと思います。

     

     

     

    7月27日(酸素室導入直前)

    ↑の日から約10日後です。

     

    僅か10日で呼吸が早くなりました。

    (これも可愛い雪音を録っておきたくて録りました。)

    呼吸が早くなったと感じた時点で、

    私は早目に酸素室の導入を考えました。

    本当に苦しくなる前に慣れてくれたらと

    思っての判断でした。

     

     

    8月16日(旅立つ5日前です。)

    正面からは辛くて録れませんでした。

    雪音が頑張った証です。

    私が、猫の肺の病気の時の呼吸を知りたくて

    ネットで検索していたので、

    いつかどなたかの参考になったら

    との思いで録りました。

     

    でも雪音はどう思っていたかと思うと

    複雑な想いがあります...。

     

    早かった呼吸が徐々に遅くなって

    深くなって行きました。

     

    この途中に一時、良くなったのか?と

    思いました...。

    でも病気は進行していました。

    努力して頑張って呼吸をしている状態でしたが、

    前日には久しぶりにゴハンも食べていました。

    この頃には、トイレ以外はずっと酸素室に

    入っていました。

     

    酸素ハウス(室)を返すときに、

    その事を話したら、「酸素室の中が

    余程楽に感じたのでしょう」と言われました。

     

    通常の空気中より酸素濃度が濃いので、

    その中が楽だったから出てこなかった

    と思いますと業者さんに言われました。

     

     

    雪音が旅立つ約3時間前からは

    マスクを直接口に当てました。

     

    開口呼吸(口を開けての呼吸)をして

    苦しそうでしたが、最期の時は

    意識を無くして、もがいたりは無かったです。

     

    まだ意識がある時に、

    最期は私達の間でと思い

    一度ベッドに連れて来ましたが、

    酸素室に戻ろうとしたので、

    酸素ハウスに戻しました。

     

    最期まで静に耐えて本当に頑張りました。

     

     

    雪音が私の猫でなかったら、

    この様な動画を公開されなかっただろう

    と思うと公開を悩みましたが、

    雪音が頑張った証で、誰かのお役に立てたらと思い

    公開することにしました。

     

    観てくださった方を苦しい思いにさせてしまったら

    申し訳ありません。

     

    雪音の闘病の記録は以上です。

     

    これからは、楽しかった思い出を

    時々書いて行けたら良いなと思います。

     

    この記事を読んでくださった方々

    本当にありがとうございました。

    | 雪音の事 | 18:24 | - | - |
    健次郎の日と雪音の日
    0

      今日は健次郎の日。

      そして明日は雪音の日です。

      早いもので1ヶ月経ちました。


      今日は今思う気持ちを書きたいと思います。


      雪音の病気が分かった時、私は、

      信じられないと言うよりかは

      雪音は大丈夫何じゃないかと、

      最初思いました。


      だって、21年も殆ど病気をせずに

      元気にしていたのですから…。

      レントゲンを見て説明を受けても

      どこか、実感はなかったんですよね。


      でも、雪音の咳は止まらずに、

      再検査したらレントゲンに映る

      肺の影が広がっていました。


      そこで、やっと実感もしたし、

      先生に言われたように、これが

      雪音の最後(最期)の病気になるんだろうな

      と思いました。


      私が選択した事や治療については

      今でも後悔はありません。

      特に酸素ハウスは借りて、

      本当に良かったと思っています。


      雪音は、さっき書いたように

      ずっと健康でしたが、ここ数年は

      便秘に悩まされていました。


      特に、今年に入ってからは先生の

      勧めも有り、自宅で小児用の浣腸液を

      使って数回浣腸をしていました。


      脱水も有りましたが、高齢のため

      食べた物をうまく出せなくなるくらい

      自律神経が働かなくなってきている

      のだろうと先生は言っていました。


      前にも書きましたが、浣腸は

      雪音にも私にも辛い処置になって行きました。


      雪音が食べなくなった時は心配も

      有りましたが、浣腸をしなくてよくなり

      正直ホッとしました。


      その後は軟便〜時々下痢になったけど、

      食べてない割には少しずつ出ていました。


      雪音のお世話をするのは、私には

      楽しくもありました。

      雪音は呼吸が辛かっただろうけど…。


      私に最期までお世話をされてくれました。


      手のかからない(子猫時代を覗いて)子

      だったので、最後は私に、

      母ちゃんらしい事をさせてくれたんだと思います。


      雪音の闘病はやっぱり短いと感じます。

      健次郎比べると、ほんの一瞬だったと

      思ってしまうくらい…。


      だけど、まだ日が浅いので

      色んなことを覚えているけど、

      いつかは少しずつ記憶が薄れていくんだろうな。


      でも、それでいんです。それがいいんです。

      辛そうだったり苦しそうだったりした

      愛する子の姿は、やはり見る方も

      辛くて苦しいと思うから。


      だから、忘れていいよーって。

      健次郎のことは、本当に最後の日の事しか

      覚えていません。


      雪音の事も時が経ったら、そうなると思います。

      今日は健次郎の日なので、お供え何あげようかな。

      明日の雪音のためにお花も買って来ようと思っています。


      まだ書きたい事があるのですが、

      それは本家ブログに書きますね。

      | 思い出 | 09:17 | - | - |
      健次郎の闘病と雪音の闘病
      0

        JUGEMテーマ:病気と闘う猫

         

         

        雪音が旅立って2週間とちょっと。

         

        健次郎の時の私はどうだったかなと思って

        久しぶりに、ここを読んでみました。

         

         

        それで、改めて思った事。

         

         

        健次郎の闘病と雪音の闘病は

        対照的でした。

         

        健次郎の闘病は、やはり長かったですね…。

        私も頑張ったし、健次郎も頑張ったと思います。

         

        それゆえに、こんなに頑張らせていいのだろうかという

        悩みも時々書いていました。

         

        それでも、健次郎の幸せの顏を信じて、

        私は治療を頑張り、健次郎はそれを受け入れてくれて

        (と信じています。)頑張ってくれました。

         

         

        雪音が健次郎の旅立った歳を超えて、

        元気に過ごしてくれていた時、

        私はまた健次郎と同じように雪音にも

        してあげられるだろうか…と思っていました。

         

        そして、そうして良いのだろうかとも。

         

        健次郎と雪音は性格も勿論違います。

        雪音にはなるべく最後まで普通に過ごして貰いたいと

        思いました。

         

        雪音の病気が分かった時、正直意外でした。

         

        私のイメージで、腎不全になって徐々に…

        と勝手に思っていたからです。

         

        でも、雪音の病気は違うものでした。

         

        私は積極的な治療はしませんでした。

        ステロイドの投薬は最期の日までしていましたが、

        それは、先生に最後の時のショックも和らげられるかも

        と言われていたからです。

         

        皮下点滴は途中で何度か止めようかと思いました。

        でも、そこは身体が少しでも楽になるようにという気持ちと

        やはり少し、もっと一緒にいたいという気持ちがありました。

         

        雪音は最期の日まで投薬と皮下点滴は頑張ってくれました。

         

        それ以外は酸素ハウスで少しでも呼吸が楽になればと

        それだけでした。

         

        サプリも整腸剤も殆どあげませんでした。

        下痢止めも飲ませませんでした。

        苦いからオブラートに包まないといけなかったし

        それ程の下痢はしませんでした。

         

        健次郎の様な強制給餌はしたくなかった。

        嫌がる事はしたくありませんでした。

         

        雪音は最後の1〜2年は便秘がちで

        時々、浣腸に通院していました。

        その時は辛そうでやはり可哀想でした。

         

        自宅でするようになって、やったのは7〜8回かな…。

         

        最後の頃は、呼吸も苦しかったからか、

        排便の時開口呼吸をして、辛そうでした。

         

        それで、私はもうやりたくないと思ったのです。

         

        それくらいから、雪音はごはんを食べなくなりました。

         

        雪音の本格的な闘病は、その頃からで、

        結局、1ヶ月半くらいだったと思います。

         

        病気が分かってからは、3ヵ月弱。

        駆け足で、病気と闘って旅立って行きました。

         

        すごく濃い時間でした。

         

        健次郎の時とあまりにも違ったので、

        雪音は最後まで綺麗なにゃんこでした。

        体重も、健次郎は1.8kgになったけど、

        雪音は2.1kgでした。

         

        短い闘病、でも苦しかったと思うけど、

        本当によく頑張ったね。

         

         

        雪音がいなくなって、健次郎の時も

        こんなに寂しかったのだったろうかと

        何度か思いました。

         

        もしかしたら、健次郎は雪音の中に居て

        その後も一緒に生きていたのかも知れませんね。

         

        雪音も逝ってしまったから、健次郎も一緒に

        本当にお空に行ったのかもね・・・。

         

         

        健次郎の闘病を経験して、雪音の時の事を

        考えられたことは本当に良かったと思います。

         

        健次郎にも改めてお礼を言いたいと思います。

         

         

        では。何か書きたくなったらまた来ますね(^^)

        | ひとり言 | 18:09 | - | - |
        酸素ハウス返却しました
        0

          JUGEMテーマ:病気と闘う猫

           

          今日、午前中に雪音を荼毘にふしました。

           

          雪音は霊園の人も年齢を聞いて驚くほど綺麗でした。

          骨もしっかりしていて、本当に丈夫だったんだなと

          改めて思いました。

           

          たらればは無いですが、もし雪音が

          肺の病気にならなかったら、23歳くらいまで

          生きられたかもとも思うと、少し虚しくなります。

           

          最後は病気になってしまったけど、

          21年とちょっとほぼ病気もせず元気に過ごせて

          それは本当に良かったなと思います。

           

          肺の病気は、やはり見ているのが辛くなるので、

          異変を感じてから3ヵ月で旅立ったのは

          雪音の優しさでもあったのかなと思いました。


          心がもたなくなるからね…。

           

          今日の午後は酸素ハウスの返却に

          業者さんが来ました。

          昨日電話したのですが、今日になったのも

          もしかしたら気を使ってくれたのかも…

          と後から思いましたが、通常次の日回収だから

          普通なのかも知れません。

           

          雪音の場合は先月4日間、今月15日以上借りて

          トータルで、34,000円になりました。

          (レンタルは1ヶ月15,000円が上限。初期費用と運搬費は別)

           

          回収の時、業者さんが、「入ってくれましたか?」と聞くので

          はい。と答えて雪音の話をしました。

           

          「元気になったら出ようとするので、

          状態が良くなかったんですね」と言われました。

           

          ちょっと悲しくなりました。

           

          でも、それを少しでも酸素ハウスで

          和らげることが出来たのかも知れないと思います。

           

          治る病気なら元気になっての返却でしょうが

          そうじゃない場合も多いと思います。

           

          雪音の場合は、比較的早目に借りたので、

          最初の頃は出入りもしていたし、

          閉じ込めっきりにならなかったのは

          良かったのかも…。

           

          最後は、2時間ほど直接マスクで酸素を嗅がせました。

          この時間が雪音も私達も一番辛かったかも知れないです。

           

          こういうサービスはあるのは有難いですが、

          本当は利用する事にならないのが一番ですよね。

           

          呼吸器の病気は見ているのが辛くなると

          先生にも言われたし、情報としても知っていましたが、

          その通りだと思いました。

           

          それでも、雪音は最小限に出来た(してくれた)のかな

          どうなんだろうって少し考えます。

           

          今更だし、雪音も暗い私は見たくないと思うので、

          雪音との楽しかった事だけ思い出す様にしたいです。

           

          元々、健次郎の健康日記だったブログを

          雪音が借りていました。

           

          雪音の事も健次郎の事も書く機会は減ると思いますが、

          時々書きたい事があったらまた書きます。

           

          短い間でしたが、雪音の事を応援してくださった皆様

          本当にありがとうございました。

           

           

           

          最後に。雪音に頂いたお花。

          中央に雪音と健次郎の骨壺が置いてあります。

          (因みに雪音が左の白い方です。)

          | 雪音の事 | 17:25 | - | - |
          雪音が健次郎の所へ…
          0

            JUGEMテーマ:病気と闘う猫

             

            雪音が8月21日午前1時40分頃に旅立ちました。

             

            20日は、朝はまだ少しは落ち着いていたけど、

            昼頃から少し呼吸が苦しそうでした。

             

            午後10時半頃から2時間程は見ているのも辛いくらい

            苦しそうでしたが、その後は多分意識は無かったと思います。

             

            呼吸はするけど酸素を取り込めてない感じて

            聴診してみたら、今まで強かった呼吸音が弱く

            心拍が早かったです。

             

            午前1時頃から徐々に呼吸も弱くなりました。

            最期は少し目を離していて、その後見たら

            呼吸が止まっていました。

             

            苦しそうだったので、やっと楽になれたねと思いました。

             

            20日の昼頃の様子。

             

            20日の朝の雪音。

             

             

            そして、ここからは閲覧注意です⇩

             

             

             

             

             

             

             

            現在の雪音

            本当に被毛も綺麗なままで

            ただ眠っているみたいです。

             

            もう苦しくないね。

            お空で健次郎とまた仲良くね(*^-^*)

             

             

            これまで雪音を応援してくださった皆様

            本当に本当にありがとうございました!

             

             

            雪音の事でまだ少し書きたいことがあるので

            もう少しこのブログは復活させたままにします。

            | 雪音の様子 | 11:56 | - | - |
            トイレ撤去とお休み
            0

              JUGEMテーマ:病気と闘う猫

               

              雪音がトイレに行けなくなったので、

              トイレは撤去しました。

              お水は飲むので、給水器は入れてあります。


              本当は横になって寝たいのに、横になると

              苦しいようで、ずっと同じ姿勢で寝ています。

              見ているのが辛い時もありますが、

              そばに居ます…。 


              今日は約3週間ぶりに何の予定もない日。

              ゆっくりと雪音と過ごしてます。

               

              そして、あちこちに連絡して

              水曜日までお休みを頂きました。

               

              色んな方に協力して頂けて

              とても感謝します。

               

               

              ※コメント欄開けますが、返事が遅れるかも知れません。

               

              ポチっと宜しくね。
               ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
              にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
              にほんブログ村
              にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
              にほんブログ村

               

               

               

              | 雪音の様子 | 11:08 | comments(1) | - |
              給水器
              0

                JUGEMテーマ:病気と闘う猫

                 

                雪音が、皮下点滴の量を減らしてから

                お水を飲むようになりました。

                (因みに点滴は1日70cc程入れてます)

                 

                お水とごはん(食べないけど)を

                トイレの隅に置いていますが、⇩

                 

                今日kinが給水器を買ってきてくれました。

                 

                給水器から水を飲む雪音。

                結構飲みます。

                 

                が、お水を飲んだ後に、呼吸が苦しくなるようで

                暫く口を少し開けて、呼吸が荒くなります…。

                 

                お水、美味しく飲むのに。悲しいです。

                でも、飲んでくれるのは嬉しいですね。

                 

                呼吸が苦しくなるのは、トイレの後にもあります。

                2〜3分は苦しそうです…。

                 

                でもそれ以外は、比較的落ち着いた顔をしてくれています。

                撫でると嬉しそうに私の顔を見てくれます。

                 

                雪音の呼吸がこれ以上苦しくないように

                神様に祈ります。

                 

                 

                ※コメント欄開けますが、返事が遅れるかも知れません。

                 

                ポチっと宜しくね。
                ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
                にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
                にほんブログ村
                にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
                にほんブログ村

                 

                 

                | 雪音の様子 | 21:26 | comments(2) | - |
                反省と驚愕
                0

                  JUGEMテーマ:病気と闘う猫

                   

                  今日は猛烈に反省です。

                   

                  雪音が久しぶりにお水を飲みました。

                  それは良かったのですが、ここ2日ほど

                  お水はもう飲まないと決めつけて

                  勧めてみていませんでした…。

                   

                  勢い良く水を飲んだ雪音を見て

                  猛烈に反省しました。

                   

                  喉乾いてたよね。

                  本当にごめんね…。

                   

                  皮下点滴はしていましたが、

                  多分量を減らしたので、

                  喉が乾いたのかも知れません。

                   

                  でも自分の馬鹿さかげんに呆れます。

                   

                   

                  それと、今日も聴診してみたら

                  心拍が不整脈でした。

                   

                  前より酷くなっている感じです。

                   

                  呼吸は努力呼吸は変わらず、

                  時々苦しそうになる時があります。

                  肺の機能がまた悪化したのだと思います。

                   

                  でも表情はしっかりしている時もあり

                  雪音のタフさには本当に驚かされています。

                   

                  いつ何が起きてもおかしくない状態です。

                   

                  この記事も何度も雪音を見ながら書いています。

                  | 雪音の様子 | 22:18 | - | - |
                  病院へ相談
                  0

                    JUGEMテーマ:病気と闘う猫

                     

                    昨日(16日)の事になりますが、

                    雪音の体重を量ろうと抱っこしたら、

                    少し咳をして、その後暫く開口呼吸になりました。

                     

                    また、肺の状態が悪化したものと思われます。

                    前日の下痢もダメージあったのかも知れません。

                     

                    それで、昨日は皮下点滴を止めて様子をみました。

                     

                    今朝は少し呼吸がマシになった感じがしました。

                    朝に皮下点滴を50ccにして入れました。

                     

                    酸素ハウスも、再度漏れを無くすように

                    ビニール袋を切って開いて、上から覆いました。

                    なんか、大事なフルーツ見たいです^_^;

                     

                    今日は今の所下痢もして無くて

                    自分で、目の前のトイレに行って、

                    2回排尿しました。

                     

                    午後、雪音の病院に相談して、

                    皮下点滴の量を少し減らして様子を見る事にしました。

                     

                    ついでに、下痢止めとステロイドも出して貰います。

                     

                    やれる事があまりないし、呼吸が苦しそうになるのは

                    多分、点滴の量とかではなく、肺自体の

                    機能が落ちて来たのだと思います。

                    (先生に訊いてもそんな事を言っていました。)

                     

                    それでも、雪音は頑張っているので、

                    少しでも楽なようにしてあげたいと思います。

                     

                     

                    ※コメント欄開けますが、返事が遅れるかも知れません。

                     

                    ポチっと宜しくね。
                    ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
                    にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
                    にほんブログ村
                    にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
                    にほんブログ村

                     

                    | 雪音の様子 | 17:06 | comments(1) | - |
                    雪音、再び下痢しました。
                    0

                      JUGEMテーマ:病気と闘う猫

                       

                      昨日の夕方から深夜にかけて、

                      雪音が下痢しちゃいました…。

                       

                      いつもは、軟らかいけど

                      下痢という程では無く、

                      回数も多くて1日2回程だったのに

                      昨日は4回はしていました。

                       

                      踏ん張って吐いたので、久しぶりに

                      少し開口呼吸もしてました。

                      しかも、その場で座り込んでしまったので

                      抱えて酸素ハウスに戻しました。

                       

                      今回の下痢でかなりダメージを

                      受けたようで、その後ずっと

                      横になったままです。

                       

                      呼吸もまた少し苦しくなったかなぁ😢

                       

                      それと、皮下点滴をした後に

                      これまでより少し、呼吸か苦しそうなので

                      補液の量が多いのかな?と…。

                       

                      体重が減りましたからね。

                       

                      今日はちょっとあまり寝れないようで

                      それが心配ですね。

                       

                      病院は明日からなので、また色々と

                      相談してみようかと思います。

                       

                      まぁ、もうあまりやれることは無いんですけどね…。

                       

                       

                       

                      ※コメント欄開けますが、返事が遅れるかも知れません。

                       

                      ポチっと宜しくね。
                      ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
                      にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
                      にほんブログ村

                       

                      | 雪音の様子 | 12:33 | comments(4) | - |
                      | 1/97PAGES | >>