私の愛する健次郎は2011年7月20日、20歳と9ヶ月でお空へ帰りました。
慢性腎不全・甲状腺機能亢進症・原因不明の時々見られる尻尾の麻痺(痛み)・膵炎
と、本当に沢山の病気と闘いました。

最期までイケメンで格好良かった健次郎の事を見てあげて下さい。

現在は不定期に思い出などを綴っています。

※このブログには健次郎の状態(様子)や血液検査の記録、通院の様子などを日記として書いています。
これらの状態は健次郎の場合ですので、あくまでも参考として見て下さいね。

始めに…
ここを訪れて下さった甲状腺機能亢進症と闘う猫ちゃんのお世話人さまへ
(是非読んで下さいm(__)m)
このブログは猫の甲状腺機能亢進症を検索してたどり着かれる方が多いです。

健次郎は亡くなってしまいましたが、最期まで甲状腺機能亢進症には
負けてなかったと思います。

甲状腺機能亢進症は上手く付き合えれば、健次郎の様に長く生きられる事が
多い病気です。(甲状腺機能亢進症が原因で亡くなる事は少ないという事。)

病気の事を良く知って、良い獣医師と巡りあって、
沢山の仲間と巡りあって、そうすれば、きっと健次郎のように
勇敢に闘えると思います。

愛する猫ちゃんの穏やかで健やかな日々が少しでも長く続きますように。


健次郎&雪音←本家サイトです。(リニューアル中) 良かったら見てください^^】
※もし、フォーラム記事を読みたい!と言う方がいらっしゃいましたら、
 アメブロ(ゆきけん&emuの日記)のメッセージまで、ご連絡下さい。
※その際、アメブロに登録して頂く事になります。すみませんが、ご了承下さい。
 姉妹ブログゆきけん&emuの日記雪音の健康日記も宜しくお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

0
    ポチっと宜しくね。

    ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
     にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
    にほんブログ村


    | - | | - | - |
      
     
    またしても(^-^;
    またしても、久しぶりの投稿ですm(__)m

    個人的な理由で、更新が滞っておりました。
    (いつもじゃんって突っ込みは無しで(^^;)

    急な更新は何故?と言うと…。

    夢を見たからです。

    でも正直、夢の内容は余り覚えてない。
    只、懐かしい様な心がじんわりするような…。

    その中に健次郎がいたのだろうか?

    何時だって、目を閉じるとキミは居るね(*^^*)



    私は時々思うんです。

    もし、人生の終わりの日が来たら
    やっぱり、キミと過ごした日々を
    一番幸せだったなって思うのかなって。

    いつだって、幸せはあるけど
    青春って短いね。。。

    時間は流れている。休む事なく。
    そんな当たり前の事を、
    私はキミに、健次郎に
    改めて教わった気がします。


    いつも今を大事にね。

    夢を通して、
    キミはそう言いたかったのかな…。

    わかったよ。健次郎。

    今日も私は、この時間を
    この一瞬を大事に生きるよ。

    ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

    0
      ポチっと宜しくね。

      ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
       にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
      にほんブログ村


      | ひとり言 | 06:05 | - | - |
        
       
      やっぱり

      久しぶりにHPの修正をしました。

      健次郎の日々の変化を記録した『健次郎の体調の変化』も
      少し手直しして、当時の事を色々思い出しました。

      当時は、ほんと一生懸命だったし、自分で今見ても
      すごく細かいな〜^^;なんて思います。

      でも今振り返って思うことは、闘病って感じではなかったのかも
      という事です。

      もちろん、その頃の私は必死だったり心配が尽きなかったり、
      毎日色々悩んだり・・・。

      その当時のちょっとした事が今はとても大切な思い出です。
      だから闘病って言う言葉じゃない日々だったのかなーって
      今はそう思っています。

      でね、やっぱり思うのが、健次郎にまた会いたい!ってこと。

      いつかまた会いたいよー。










      最後に・・・
      今日、お友達の猫ちゃんが手術をします。
      無事に終わりますよう祈ってます。

      きっとお空の上の健次郎も応援しているよ!

      ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

      0
        ポチっと宜しくね。

        ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
         にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
        にほんブログ村


        | ひとり言 | 12:29 | - | - |
          
         
        今日と言う日
        20日。特に7月20日と10月20日は、
        私にとって大きな意味のある20日みたい。

        今日はとても切ない日でもあり、嬉しい(おめでたい)日でもある。

        今朝、久しぶりに健次郎の夢を見た。

        状況は夢の中なので、思いっきり現実とは違うのだけど、
        何か私は、健次郎を抱き上げて出窓らしき場所に乗せていた。

        それまで、雪音と同じ場所にふたり仲良く寝ていたみたいだった。

        健次郎の重さももう忘れかけているけど、夢の中の健次郎は
        程々の重さもあって、とっても元気そうだった。

        去年の私と、今の私は、だいぶ違う気がする。
        自分の身体の事もだけど、健次郎を思い出す気持ち的にも
        何て言うのかな・・・落ち着いている?

        もう健次郎と別れたのがだいぶ前のような気がするんです。

        それでも、思い出さない日は無くて、無性に会いたくて
        たまらなくなったり、傍にいるって思えて元気になれたり。

        今日はkinが居なかったので(月命日に居ない事多いね^^;)
        昨日、お供えにkinのつまみの「焼き鳥」をあげていた。
        kinがあげたんだけど、お供えする時に、何やら語りかけていた^m^

        今月は誕生日を一緒にお祝いしたから、月命日は質素でごめんね。

        ※アメブロと同じ内容とさせて頂きました。
        ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

        0
          ポチっと宜しくね。

          ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
           にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
          にほんブログ村


          | ひとり言 | 23:41 | - | - |
            
           
          こんな時
          最近、色々あって…。
          こんな時、キミが傍にいてくれたら…
          って思う。

          ううん、きっと傍にはいるんだよね。
          私に見えないだけ。

          去年のこの時期、どんな事を思っていたかな。
          本当は分かっているんだ。
          でも思い出さない。

          キミと過ごした幸せな時間だけを感じていよう。
          ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

          0
            ポチっと宜しくね。

            ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
             にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
            にほんブログ村


            | ひとり言 | 20:35 | - | - |
              
             
            健次郎が

            健次郎がお空から守ってくれたのかな。

            遠い遠いお空から・・・。

            自然の力の前には人は無力だね。

            色々考える事があって、ちょっと気持ちが・・・

            大丈夫だよ! そんな健次郎の声が聞こえた気がした。

            明日はもっと元気になってるよ。

            ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

            0
              ポチっと宜しくね。

              ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
               にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
              にほんブログ村
              にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
              にほんブログ村


              | ひとり言 | 22:59 | - | - |
                
               
              引き継いだもの

              今日(もう昨日だね)は健次郎の月命日でした。

              最近は、夢にも出てきてくれなくて、ちょっと寂しいです。

              健次郎が残してくれたものは沢山有りますが、
              今日から健次郎の形見とでも言えるこれ↓

              使い始めました。


              自分の薬を入れることになるなんて、全然思ってなかったし、
              これを使うとやっぱり色々思い出すかなと思って、あえて使わなかった。


              でも、健次郎との別れからだいぶ時間が経って・・・

              今、本当の意味で少しずつ現実を受け止められる様に
              なって来ている気がします。


              私は、健次郎を探してしまうとかあまりなかったけど、
              どこかでまだ帰ってくるような気がしていたのかも。
               

              だけど、健次郎の事も含めて、色んな現実を受け入れて
              前に進むしかないって、そう思えて来ました。

              分かっていたけど・・分かっていたつもりだったけど
              環境が変わったり、自分の病で気づかされた事があったり…


              これからの自分をお空で健次郎に見守っていて欲しいと思います。

              ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

              0
                ポチっと宜しくね。

                ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
                 にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
                にほんブログ村
                にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
                にほんブログ村


                | ひとり言 | 00:27 | - | - |
                  
                 
                健次郎からの学び

                自分が病気になって思った事。
                色々あります。

                人間は、ついつい悪いことも考えてしまいます。

                でも、動物は、きっと悪いイメージを持つ事はないのかな。

                自分の病気が悪くなっていく事を想像しない分、
                その事でのストレスはないのでしょうね。

                それって、ある意味すごい事です。


                健次郎も甲状腺機能亢進症になったけど
                病気の事を悩んだりはしなかったんだろうね。

                そして、その後も色んな病気になり症状が出てからも、
                ただただ生きるって事をしていました。


                尊敬。

                だけど、病気の症状で、段々動けなくなっていってからは
                どうだったろう。

                やっぱりそれはそれで、ストレスを感じていたのだろうか…。
                今となっては、分からない。

                そう考えて、私が今思うことは、
                病状をよく理解して、いいケアをしてあげる事が出来た
                (と健次郎に対して私は思っています。)のは、
                きっと健次郎にとって、とてもプラスだったろうって事。

                自宅での治療にどの程度のストレスを感じていたかは
                分からないけど、やっぱり、色々してあげて良かったと思います。

                負けない精神。自分を病気だと思わない精神。
                私は健次郎のそれを見習っていきたいです。



                emuものんびりまったり行こうよ(=^・^=)

                ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

                0
                  ポチっと宜しくね。

                  ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
                   にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
                  にほんブログ村
                  にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
                  にほんブログ村


                  | ひとり言 | 18:47 | - | - |
                    
                   
                  急に

                  今日は急に、無性に健次郎に会いたくなった。
                  それはふとした瞬間で・・・

                  ただひたすら、健次郎を抱きしめたいと思った。

                  私は今、病気と闘っています。
                  (闘うことになりましたが、正確かも)
                  健次郎に会ったら元気になるかな。

                  まぁ元気は元気なんだけど・・・
                  病気も治るかな、なんて思ったりした。

                  健次郎はきっとどこかで見てくれていると思うけど。
                  やっぱり寂しいね。

                  健次郎がいたから発症しなかったのかな?
                  そんな事思っても何も変わらない。


                  自分が病気になって思った事。
                  色々ある。

                  健次郎はすごかった。
                  本当に頑張っていた。

                  話すことが出来ない彼の気持ちを
                  どれだけ分かってあげられていただろう・・・
                   

                  続きを読む >>
                  ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

                  0
                    ポチっと宜しくね。

                    ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
                     にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
                    にほんブログ村
                    にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
                    にほんブログ村


                    | ひとり言 | 22:51 | comments(1) | - |
                      
                     
                    もし・・・

                    もし、今私が健次郎にもう一度だけ会えるとしたら
                    何をするだろう 何を話すだろう って考えてみた。

                    だけど、そう考えて
                    やっぱり もう一度健次郎に会えたら また別れるのが辛いかな
                    って想ってみたり・・・

                    健次郎にはちゃんとお別れする前に ありがとうも言えたし
                    心残りは無い

                    でもきっともう一度会えたら
                    ギューって抱きしめるだろうな

                    そんな事を想像すると ダメだね 泣けちゃうね


                    そして

                    もし何か伝えるとしたら
                    私がそっちに行ったとき 絶対会いに来てね

                    って言うかな

                    健次郎にはそれまでずっと楽しく過ごしていて欲しい

                    あんまり楽し過ぎて私の事忘れないでね^^;



                     撮影 2002年12月

                    ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

                    0
                      ポチっと宜しくね。

                      ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
                       にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
                      にほんブログ村


                      | ひとり言 | 23:43 | - | - |
                        
                       
                      健次郎、見てる?

                      健次郎の毛(我が家ではケンジロ毛と言う)がTVのリモコンに
                      付いていたそうで、今日、仕事から帰ったらkinに渡されました

                      来週の金曜日で、健次郎が旅立ってから6ヶ月になります。

                      健次郎のいない生活にもかなり慣れてきました(複雑でもありますが)
                      雪音(同居猫)がずいぶん私達を癒してくれています。


                      健次郎は今頃何しているのかな?

                      私は…、頑張ってるよ

                      健次郎が飲んでいたお薬より多いかな

                      これからも遠いお空から、見守っていてね。。

                      20日には、久しぶりにブリ大根を作るから帰って来るんだよ

                      ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

                      0
                        ポチっと宜しくね。

                        ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
                         にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
                        にほんブログ村
                        にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
                        にほんブログ村


                        | ひとり言 | 18:22 | - | - |
                          
                         
                        CALENDAR
                        SMTWTFS
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << March 2017 >>



                        東日本大震災・被災動物の為の
                        チャリティーショップ
                        『出来ることを、少しずつ。』
                        出来ることを少しずつへ

                        RECOMMEND
                        RECOMMEND
                        RECOMMEND
                        デンタルシリンジ
                        デンタルシリンジ (JUGEMレビュー »)

                        強制給餌に便利です。

                        『カーブチップシリンジ』や
                        『強制給餌シリンジ』と言う
                        名前で販売されているショップも…。
                        シリンジの先を好みの太さにカット
                        出来るので便利です。
                        RECOMMEND
                        RECOMMEND
                        ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫!
                        ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫! (JUGEMレビュー »)
                        井上 緑,小方 宗次,金安 まゆみ
                        ご長寿猫さんと暮らした方の体験談や一度は考えておきたい事、介護のコツ等も載っています。とても参考になる一冊です。
                        アクセスカウンター
                        NEW1週間消臭・抗菌デオトイレセット
                        本間アニマルメディカルサプライ
                        SELECTED ENTRIES
                        CATEGORIES
                        ARCHIVES
                        RECENT COMMENTS
                        LINKS
                          
                          にほんブログ村 猫ブログへ
                          ↑参加しています。
                        1日1クリックお願いします。
                        PROFILE
                        MOBILE
                        qrcode

                        SPONSORED LINKS
                         (慢性腎不全の猫ちゃんにはお奨めです)

                          療法食ウェットフード
                          ●腎臓サポート アルミトレイタイプ(左)とパウチタイプ(中央)フィッシュテイストパウチ(右)(ウォルサム)
                          ●猫用 k/d MC 粗挽フォーム(ヒルズ)   ●猫用 k/d 156g (ヒルズ)
                          ●腎臓アシスト(アイムス)        ●FKW(スペシフィック)

                         
                          療法食ドライフード
                          ●猫用 Dr’s Care キドニーケア (三共ライフテック)
                          ●腎臓サポートドライ(左)腎臓サポートスペシャル(中央)(ウォルサム)●k/d(ヒルズ)
                           《健次郎の療法食の記録》はこちらを見てね!※療法食の選択はあくまでも健次郎の場合です。
                                 (もし、療法食を与えることになった時は、動物病院で詳しく説明を訊かれることをお勧めします。)

                        このページの先頭へ