CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫!
ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫! (JUGEMレビュー »)
井上 緑,小方 宗次,金安 まゆみ
ご長寿猫さんと暮らした方の体験談や一度は考えておきたい事、介護のコツ等も載っています。とても参考になる一冊です。
RECOMMEND
アクセスカウンター
健次郎
甲状腺機能亢進症、慢性腎不全、膵炎等 沢山の病気と闘いながらも、20歳9ヶ月まで 一緒に居てくれました。 このブログの最初の主役です。

雪音
健次郎の相方。 1995年10月生まれ 2017年の春から 原因不明の肺の病と闘っています。 このブログの現在の主役です。

MOBILE
qrcode
6年経ちました
0

    JUGEMテーマ:ペット

     

    今日、7月20日はこのブログの最初の主役

    健次郎の命日です。

     

    早いもので6年が経ちました。

     

    6年経っても、健次郎との日々は愛おしく

    とても大切な時間でした。ラブ

     

    今年は、雪音の闘病もあり、これまでより

    健次郎の時はこうだったなとか思い出す事が多いです。

     

    でも、健次郎の元気な姿も沢山思い出します。

     

    懐かしくなり、昔の写真を見てみました。

    いくつかupするので、イケメンの健次郎親バカ

    見ていってくださいねにこ

     

     

     

     

     

     

    最後に私の好きな写真。

     

    本当に本当に甘えん坊で

    イケメンでお利巧さんで

    かわいいこでしたハート

     

    これからもずっとずっと大好きだよラブ

    | 思い出 | 17:56 | - | - |
    会いたいよ
    0

      JUGEMテーマ:ペット

       

      お久しぶりです。

       

      2016年7月になりました。

      今月の20日で、健次郎が旅立って

      5年になります。

       

      アッと言う間だったなぁ・・・。

       

      健次郎は今も私と一緒にいて

      時々、本業のお仕事の時に

      話をさせて頂いています。

       

      今月に入って、いつもよりも

      健次郎に会いたくなりました。

       

      今日は、旧HPの画像を発見!

      懐かしくて、暫く見入ってしまいました。

       

      大げさでは無く、私の人生を変えた猫

      それが健次郎でした。

       

      健次郎がいなかったら、今の私は

      別の生き方をしていたかも知れません。

       

      だから

      今だからこそ、健次郎に

      ありがとう と言いたいです。

       

      懐かしい〜

       

      やっぱイケメン♡です。

       

      健次郎 会いたいよ。

      | 思い出 | 17:47 | - | - |
      気づけは12月・・・
      0
        JUGEMテーマ:ペット
        またまたお久しぶりです(^_^;)

        ここしばらく、色々と忙しくしておりました。

        私自身の体調もボチボチでしたが、ちょっとPCが
        不調でして、リカバったりしていました。

        幸い、健次郎の写真はバックアップを何重にも
        とってありますので(^v^)
        無事ですよ〜。

        そうそう、今、無事を『ぶり』と誤変換して
        気づきましたが、昨日は健次郎と出会った記念日でした。

        当時の事については、こちらに書いています。
        (良かったら読んでみてね(^_-)-☆)

        そんな訳で、この時季は健次郎の事を特に思い出します。
        ん?思い出すと言うのはちょっと違うかな。

        だって、いつも健次郎は心の中にいるから。

        今日は健次郎にブリをお供えしよう!
        健次郎の日は先だけど、たまにはね。



        ラブやっぱりキミはイケメンだねきらきら

         
        | 思い出 | 18:23 | - | - |
        陽だまりの中で
        0

          先日、久しぶりに健次郎の夢を見ました。

          懐かしい場所でまったりと日向ぼっこしていました。

          (この場所とは全然違うのですが^^;)


          健次郎の夢を見たときは、いつも夢だと分かるのだけど、
          この前のそれは、いつもとちょっと違っていました。

          夢の中で夢を見ているような・・・?

          健次郎が出てきたから夢だと分かったけど、それでも
          『会えてよかった。』『元気そうだった。』と
          私が誰かに一生懸命話していました。


          陽だまりの中の健次郎は。。。

          こんな顔をしていました。

          健次郎はいつも元気で、本当に甘えん坊で可愛かったな。

          また夢でもいいから会いに来てね。

          | 思い出 | 23:16 | - | - |
          せめて夢では
          0

            とっても大事で、唯一無二の存在。
            そう分かっていたけど、別れてみて改めて実感。

            時間が経って、その存在が大きかった事に更に驚く。

            今朝、久しぶりに健次郎に関する夢を見た。

            でも、夢の中でも健次郎にはもう会えなくなっていて、
            姿を見ることが出来なかった。
            あーあ、残念。

            せめて夢では、元気な健次郎が見られると思っていたのにな。

            心の弱い母ちゃんだから、姿を見せてくれないの?

            ふと思えば、病気が分かってからその事の夢を度々見る。
            だって、やっぱりどこかで怖いんだもん。

            心配し過ぎなのは自分でも分かっているよ。


            ねぇ、健次郎は、自分の身体が動かなくなっていく時、
            何を想っていた? 痛くは無かった? 怖くなかった?



            うん。大丈夫、動けないんじゃないし。
            きっとそのうち治るよね。

            だから、せめて夢では、何もかも忘れて健次郎をギューって
            抱きしめさせて。

            健次郎に会えたら、また頑張れる気がするなぁ。
            強い母ちゃんにも戻れるよ。

            | 思い出 | 23:37 | - | - |
            1年経ちました
            0

              今日、健次郎の命日を迎えました。

              あれから1年が経ったのです。

              今朝は今までの暑さが嘘のように涼しくて。
              でも、去年と同じような薄曇の日でした。

              朝、目が覚めた時の感覚が、去年のあの時と
              少しだけ似ていて・・・いつもとは違う切ない気持ちもありました。


              私は、健次郎が亡くなった時の事はホントあまり思い出さず、
              いつも楽しかった時の事を思い出すことの方が多いのだけど、
              やっぱり今日は、今日だけは、あの朝の事も思い出しました。


              今、その時の事を少しだけ振り返って話すとしたら、
              私は、健次郎の呼吸が止まっているのを確認した時、
              『ああ、ついに別の世界に行ってしまったんだね。』
              と、そう思いました。


              その少し前の容態から、健次郎の旅立ちがそう遠く無い事は
              分かっていたし、自分なりに少しずつ心の準備はしていたので、
              不思議と動揺するとかは無かったと思います。

              それとね。
              今だから・・・きっと初めて書くことかも。

              健次郎を荼毘に付したのが当日だった事。
              kinと私がその日休みだったというのもあったけど、
              実は私の中ではそれだけじゃ無かったの。


              何度かこのブログで書いたけど、健次郎は若い頃ずっと
              やんちゃで、めちゃくちゃ元気でワイルドで・・・

              だから、動かない健次郎を見るのが本当はちょっとだけ
              辛かった。切なかったのです。

              去年の記事に書いた様にまだ一緒にいたいという気持ちもあったけど、
              早くお空に返してあげたいって言う気持ちも心の中にあって…
              だからその日のうちに、健次郎を空へ返しました。

              でも、健次郎はもっと傍に居たかったかな、と後から
              思ったりすることもあった。


              だけど、姿形ではないところで、私と健次郎は繋がっている。
              そう信じていた(信じている)ので、今でもこの事は
              後悔してはいません。

              健次郎と過ごした20年ちょっと。
              今思い出しても、本当に幸せでした。

              多分、来年も再来年も、きっと同じ事を思い、
              健次郎の命日を過ごすのだろうと思います。


              最後に。
              健次郎と過ごした今日の話はこちらへ。

              | 思い出 | 23:31 | - | - |
              今日は
              0
                今日は、健次郎の月命日です。10回目になります。

                最近手の痛みも少しはマシになったので、やっと(今頃^^;)
                コタツを片付けました。
                そしてその事で、色々と去年の事を思い出しました。

                多分、去年の今頃は既にかなり体調の異変を感じていたはず。。
                でも健次郎とのお別れの時が近づいていたから、
                それどころではありませんでした。

                夏になり、益々手の痛みが酷くなって・・・
                だけど私は自分の事より健次郎の事ばかり考えていました。

                7月20日にその大切な存在と別れたことで、きっと私の身体は
                耐え切れなくなってしまったのだと、振り返るとそう思います。

                健次郎との別れは寂しさはありましたが、辛さはありませんでした。
                それだけ、自分なりに出来ることをしたつもりだから。

                そう思って、ずっとそう思っているけど、心と身体は違うのだろうか・・・。

                今年も夏になり、健次郎の一周忌が過ぎ、それからも時間が流れていく
                そしたら、もう少し心も身体も元気になれるのかな。。。

                昨日、久しぶりにテレビで猫の声を聞きました。
                『にゃー』って鳴いている声。

                それは普通の猫の声なんだけど、雪音はいつも『にゃー』とは鳴かないので
                本当に久しぶりに、猫の声を聞いた感じがしました。

                それと同時に、すごく懐かしくなって・・・
                胸がキュンとしました。。。

                またあの声が聞きたい。健次郎の声を聞きたい。
                そう思った瞬間でした。

                最近、健次郎は夢にも出てきてくれません。。
                寂しいなあ・・・。



                ※アメブロ記事と同じ内容ですが、写真だけ変えてみました
                | 思い出 | 23:07 | - | - |
                時々
                0

                  この頃、時々kinと健次郎の話をします。
                  最近になってやっと(?)普通に健次郎がいた頃のように
                  自然に話せるようになった気がします。

                  今までも健次郎の話をすることはあったのですが、思い出すと
                  しんみりしていたように思います。

                  でも、何だろう・・・健次郎が今でも居るような感じと言うか
                  思い出には違いないのでしょうが、悲しみはなく懐かしさのような・・・。

                  それだけ健次郎が旅立ってから時間が経ったという事でもあるのでしょうね。

                  あの時はこんなだったよね。とか、思い出すのも楽しかった事ばかりです。

                  健次郎は私達にとって本当に大切な存在だったんだね。。。


                  きっと今も、君はこうして私達の傍にいるのかも知れない。

                  | 思い出 | 15:46 | - | - |
                  魂の行方
                  0
                    健次郎の事を忘れる日は無いけど、この頃健次郎の魂が
                    遠い空に居るのを感じます。

                    少し前までは、近くにいて・・・。
                    うーん、そうだねー頭の3m上くらい?

                    でも今は、もっともっと上から私を見守っているような感覚です。
                    何となくなので、気のせいかも知れません^^;

                    健次郎は本当に特別な存在だったと、益々感じている今日この頃。

                    それは、ただ可愛く愛しい猫だったという事だけでは無く、
                    私に沢山の出会いと愛と優しさと絆を与えてくれた…教えてくれた。
                    そう言う特別な命だったんだと、そう思っています。

                    健次郎との出会いが、今の私をつくっている。そんな事さえ感じるのです。


                    昨日、久しぶりに会った友人に健次郎へのお供えとして
                    おやつ(人間用)を貰いました。

                    健次郎にお供えしてから食べてね。って、健次郎の事よく分かってる



                    健次郎が旅立って、あと約2ヶ月で1年になりますが、
                    その存在はまだまだこれからもすごく大きいんだろうね。

                     
                    2008年3月の写真
                    きゃー、イケメンくんだわ〜。
                    | 思い出 | 23:02 | - | - |
                    LOVE
                    0

                      好きな写真シリーズ(何でもシリーズにしてるね

                      10年くらい前のかな?

                      健次郎の写真は、ほんとーーに沢山あります
                      沢山撮っておいて良かったと思っています。

                      皆さんもみんにゃの写真沢山撮ってね
                      | 思い出 | 21:49 | - | - |
                      | 1/4PAGES | >>