CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫!
ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫! (JUGEMレビュー »)
井上 緑,小方 宗次,金安 まゆみ
ご長寿猫さんと暮らした方の体験談や一度は考えておきたい事、介護のコツ等も載っています。とても参考になる一冊です。
RECOMMEND
アクセスカウンター
健次郎
甲状腺機能亢進症、慢性腎不全、膵炎等 沢山の病気と闘いながらも、20歳9ヶ月まで 一緒に居てくれました。 このブログの最初の主役です。

雪音
健次郎の相方。 1995年10月生まれ 2017年の春から 原因不明の肺の病と闘い、 8月21日に健次郎の所に旅立ちました。 このブログの2番目の主役です。

MOBILE
qrcode
雪音の通院
0

    JUGEMテーマ:病気と闘う猫

     

    今日は、雪音の病院に行きました。

    午前中のうちに、午後の予約を取って

    待たずに済むようにしました。

    (予約料金が別途かかります)

     

    行って直ぐに、うんPしている事に気づいたので

    第二(?)診察室で酸素を嗅がせながら

    お尻を拭きつつ待たせて貰いました。

     

    呼吸はそれ程早くはなかったですが、

    配慮して頂いて有難かったです。

     

    今日は、エコーで胸水の有無の確認のみ。

    体重を量ったら、調度2.22kgで

    「ぞろ目だね。」と言われました。

    にゃんにゃんにゃんって事で

    覚えやすいですね。

     

    1週間前より100g減ったけど、

    減り方が緩やかなので、先生は

    「質の悪い病気ではないのかも」と

    いうような事を言われました。

     

    今飲んでいるステロイドが効いているようです。

    (1日1回1/2錠で内服)

    皮下点滴は、1日100mlで入れています。

    先生は、それで良いでしょうと言っていました。

     

    エコーの結果ですが、

    胸水は溜まっていませんでした。ほっ

    腫瘍らしきものも見られないとの事でした。

     

    肺の硬化はありますが、悪性のものではないのかな…。

    精密検査はしていないので、原因はいまだに不明です。

    (肺がんの可能性もありますが、分かりません)

     

    お薬も自宅での皮下点滴も変更なし。

     

    ただ、通院は雪音のストレスを考えて、

    10日に1度(若しくは2週間に1度)に

    しようと思っています。

     

    先生も、それでいいのではとの事。

     

    それと、痛み止めのシールは

    効いているかどうか良く分らないので、

    今日は貼りませんでした。

     

    雪音、まだ食べてはくれませんが、

    今日もお水を飲みました。

     

    呼吸は正常より早いですが、

    顔つきは悪くないようで、

    先生にも「病気に負けてない顔をしてる」

    と言われました嬉しい

     

    頻りに「全然だね〜」と言うので、何だろう?と

    ドキドキしましたが、全然いい顔しているという

    事だったみたいです。

     

    それ以上する事(出来る事)が無いので、

    診察はそれで終わりました。

     

    あまり悪化はしてないようですが、

    まだ食べないし、下痢(軟便)すると

    吐いたりして、呼吸が早くなる時もあるので

    やっぱり心配ですが、良くなる事も信じて

    雪音を看て行こうと思いました。

     

    雪音ちゃん、今日は通院お疲れ様でした。

    暫く病院には行かないよ。

    お家でのんびりしようね。

     

     

    ※コメント欄開けますが、返事が遅れるかも知れません。

     

    ポチっと宜しくね。
    ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
    にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
    にほんブログ村

    | 雪音の通院 | 23:28 | comments(0) | - |
    雪音の通院
    0

      JUGEMテーマ:病気と闘う猫

       

      今日は、午前中(朝一)に雪音の通院をして来ました。

      昨日の夕方に、ほんの少しだけ下痢の便が出たので、

      この前電話で相談した時に先生がおっしゃっていた

      整腸剤を貰うためです。

       

      ついでに、胸水が溜まっていないかを確認して貰いました。

       

      すると、今回は前回からほぼ増えていないとの事でした。

      胸水が原因ではない呼吸の苦しさなので、

      それはそれで対処が難しいから複雑ではありますが、

      ステロイドを増やした事で、少しは炎症が治まったのかと

      考えれば良いと思う事にします。

       

      雪音は、発熱もなく、体重減少も急激では無い事は

      良い点だと言われました。

       

      食べない割には、体重が減っていないのは、

      皮下点滴や酸素ハウスでのケアがあるからかも知れないと

      先生が言っていました。

       

      ケアをしてもらえる事は辛い事も減らせて幸せだと思うと

      言ってくださって救われました。

       

      雪音が食べられないのは、もしかして腎機能が

      悪くなっている事も考えられるとの事でしたが、

      今日は血液検査はしなかったので、確認はしていません。

       

      もし、悪化していたとしても、皮下点滴はしているしね…。

       

      ただ、脱水が進んでいるようなので、点滴の量を

      もう少し増やして、1日100ccにしようかと考えています。

       

      もう何日も食べられていないのに、雪音の生命力には

      本当に驚かされます!

       

       

      そして今日は、もしかしたら痛みが有るかも知れないと

      想定して、痛み止めのシール(麻薬って言っていました)を

      お腹の下の方に貼りました。

       

      そのままだと、毛があるので貼れないから、少し毛を剃って

      1cm四方サイズのシールを貼り、その上から取らないように

      バンテージをして貰いました。

       

       

      痛み止めが効いて少しでもごはんが食べられるようになるといいのですが。

       

       

      それから、今飲んでいるステロイドですが、1日1回1/2錠が良いか

      1日2回1/4錠で飲ませる方が良いか聞いてみたら、

      1日1回で飲ませる方が副腎に負担がかからないのでいいと思うと言われました。

       

      何をどこまでするか…はやはり迷って悩んでしまいますが、

      雪音が少しでも楽に過ごせるようにとそれだけ思っています。

       

      少しでも長く生きて欲しいと思う事は、エゴかも知れないと

      先生も悩んでおられましたが、やはり少しでも長く一緒にいたいと

      思ってしまいますよね・・・

       

       

      ※コメント欄開けますが、返事が遅れるかも知れません。

       

      ポチっと宜しくね。
      ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
      にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
      にほんブログ村

      | 雪音の通院 | 17:24 | comments(4) | - |
      胸水溜まってた(>_<)
      0

        JUGEMテーマ:病気と闘う猫

         

        雪音の呼吸が早いので、午前中に病院に行って来ました。

        エコー検査の結果、胸水が溜まっていました…。

         

        見る限りでは。20ccくらいはあるとの事でしたが、

        抜けたのは10〜12cc程でした。

         

        胸水が溜まるようになって来たという事は、

        病気が悪化しているという事です…。

         

        抜いた水を見てもらったら、好中球とかが多かったそう。

        細胞をみても、診断はつけられないとの事でしたが、

        レントゲンでの肺の影、今回の胸水ときたら、

        やはり肺がんの可能性が高いようです。

         

        私は、抗がん剤は考えてないので、このまま

        お薬(ステロイドが1日置きから毎日1/4錠に)と

        皮下点滴(1日置きから毎日にする予定)と

        レンタルする酸素室で、暫く様子を見ようと思います。

         

         

        そして、ここからはかなりシビアな話です。

        苦手な方は、読まないでねバイバイ

        続きを読む >>
        | 雪音の通院 | 12:08 | comments(10) | - |
        レントゲンの再々検査
        0

          JUGEMテーマ:ペット

           

          2回目のレントゲン検査から約1ヶ月後の

          7月14日に、雪音の肺の状態を確認するために、

          レントゲンの検査に行きました。再々検査です。

           

          結果、またしても影は消えておらず、

          更に範囲が広がっていました。

           

          ただ、先生曰く、腫瘍っぽくはないと。

          でも、何らかの病気には違いないだろうと

          私でも分かる位、白っぽく映っていました。

           

          雪音の咳の方は、減ってもいないけど、

          増えてない感じで、ちょっとした動作や

          吐いたりした時に少し咳き込む感じです。

           

          今後の事は、治療方針が変わらないなら

          レントゲンの確認は、進行がどうか

          興味があるなら撮ってもいいし、

          撮らなくても良いとの事でした。

           

          私の治療方針は変わらないので、

          レントゲンはもうしない事にしました。

           

          ただ、呼吸が苦しそうな感じがしたら

          直ぐに来て、エコーをしましょうと

          いう事になりました。

           

          お薬(ステロイド:1回1/4錠を1日置き)は

          変更せず、脱水を緩和して、便秘を改善するために

          皮下点滴を週1回、自宅でする事にしました。

           

          雪音さんは自宅での点滴は初めて、

          健次郎で何年もしていたけど、どうなるかなぁ。

           

          肺の病気が悪くなっていたのはショックでしたが、

          雪音はまたそこまで悪そうには見えず、

          家でも元気そうにしていました。

          (体重は2.6〜7坩未任后)元々3.2坩未任靴拭

           

          免疫力を上げるために、サプリメントも

          買ってみました。

           

          肺の病気、原因が分からずなので、

          少しだけ正体が知りたくなりましたが、

          麻酔下での検査はやはりしたくないので、

          暫くこのまま経過観察をする事にしました。

           



          にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
          にほんブログ村

          | 雪音の通院 | 10:41 | - | - |
          レントゲンの再検査
          0

            JUGEMテーマ:ペット

             

             

            抗生剤の注射の効果がどうか?

            6月19日に雪音のレントゲンの

            再検査に通院しました。

             

            結果は・・・

            残念ながら、肺の影は消えていませんでした。

            それどころか少し濃くなったかも?との事…。

             

            ショックではありましたが、自宅でも

            咳は減ってなかったので、覚悟はしていました。

             

            結果を見て、肺の腫瘍などを含む何らかの病気

            (しかもあまり良くない病気)ではないかと

            言われました。

             

            猫生(雪音の生涯)最期の病気かもとも言われました。

             

            病気の本当の正体を知るためには、

            精密検査が必要と言われました。

            CTやMRIです。

             

            ただ、これらの検査は麻酔を掛けて行います。

            猫の場合は、人間みたいにジッとしてないからね…。

             

            21歳の超高齢猫に、麻酔をかけるのは危険だし、

            先生も、自分の猫なら(精密検査)しないと言っていました。

             

            私も、それらの検査は勿論、もし癌だったとしても

            抗がん剤はしないと、kinと相談して決めていました。

             

            病気の原因が分からないので、治療はどうするか?

            先生にはステロイドの内服を言われました。

             

            肺の影の原因が、肺の線維化等だったら、

            ステロイドが効くかもとの事でした。

            また、もし痛み等があったらそれも緩和してくれるし

            食欲も(副作用ではありますが)出るかも知れないとの事でした。

             

            あとは、サプリメント(免疫力をあげる)を試すとか、

            とにかく、この子のために何かをしてあげられた

            という事を飼い主側の気持ちとして残す事が

            大切だと思うと、先生はおっしゃられていました。

             

            私も同感で、なるべく人間が後悔をしない事が

            重要だし大切だと思います。

            持論ですが、猫や犬は後悔しないと思うので…。

             

            私は、これからも雪音が雪音らしく、

            のんびりまったり暮らして行けるように、
            サポートしようと思いました。

             

             

            21歳までほとんど病気無く過ごして来てくれて

            健次郎がいなくなってからの

            私達を沢山癒してくれた雪音。

             

            年齢を考えるとあとどれくらい一緒に居られるか…。

             

            なるべく嫌な事、苦しい事はさせたくないと

            考えています。

             

             

             

            この日からステロイドを2週間毎日飲んで、

            その後、1日置きに2週間ほど飲ませました。

             

            お薬の投与は、お利巧さんなので、

            とっても簡単にさせてくれています。

             

            そして、1ヶ月程ステロイドを飲んで

            またレントゲンの検査に行きました。

             

            この間、咳は減ったような?

            でも毎日のように出ていはいました。

             

            続きます続く

             

            ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

            ポチっと宜しくね。
            ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
            にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
            にほんブログ村

             

             

            | 雪音の通院 | 08:59 | - | - |
            雪音の通院
            0

              JUGEMテーマ:ペット

               

              2017年6月3日に雪音の検査に行きました。

              私の体調不良等もあり、暫く血液検査もしてなかったので

              血液検査(院内検査のみ)とレントゲン検査をして貰いました。

               

              雪音は21歳という年齢の割に、毛艶もよく、

              若く見えると褒められました嬉しい

               

              年齢の事もあるし、何かあっても

              積極的な治療はもういいかなぁと

              kin(旦那)とも話していたので、

              血液検査は最小限の物しかして貰いませんでした。

               

              結果↓

              BUN 45mg/dl  CREA3.4mg/dl

               

               

              これまた年齢の割に腎機能はそれ程悪くありませんでした。

              脱水があって便秘なのは自律神経が高齢のために衰えているとの事。

               

              そしてレントゲン・・・。

               

              何やら肺に影の様なものが見えるとの事でしたが、

              ハッキリとは分りませんでした。

               

              癌の可能性もあるし、肺炎かもとの事で、

              肺炎だった時のために2週間効く抗生剤の注射をしてもらいました。

               

              咳の原因が肺炎ならそれで止まるだろうし、

              止まらなかったら腫瘍などを疑う事になりました。

               

              肺炎も高齢の場合だと怖い病気なので、

              (人間も高齢者の死因のトップに入っているし…)

              どちらにしても、ちょっと嫌な感じだと言われました。

               

              雪音さん。この時点で、21歳8ヶ月。

               

              何が起きても覚悟がいる年齢だと感じていました。

               

              続きます。続く

               

               

              ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

              ポチっと宜しくね。
              ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
              にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
              にほんブログ村
              にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
              にほんブログ村

               

               

              | 雪音の通院 | 13:24 | - | - |
              | 1/1PAGES |