私の愛する健次郎は2011年7月20日、20歳と9ヶ月でお空へ帰りました。
慢性腎不全・甲状腺機能亢進症・原因不明の時々見られる尻尾の麻痺(痛み)・膵炎
と、本当に沢山の病気と闘いました。

最期までイケメンで格好良かった健次郎の事を見てあげて下さい。

現在は不定期に思い出などを綴っています。

※このブログには健次郎の状態(様子)や血液検査の記録、通院の様子などを日記として書いています。
これらの状態は健次郎の場合ですので、あくまでも参考として見て下さいね。
<< 健次郎の様子 | main | 3月後半の健次郎の様子 >>

始めに…
ここを訪れて下さった甲状腺機能亢進症と闘う猫ちゃんのお世話人さまへ
(是非読んで下さいm(__)m)
このブログは猫の甲状腺機能亢進症を検索してたどり着かれる方が多いです。

健次郎は亡くなってしまいましたが、最期まで甲状腺機能亢進症には
負けてなかったと思います。

甲状腺機能亢進症は上手く付き合えれば、健次郎の様に長く生きられる事が
多い病気です。(甲状腺機能亢進症が原因で亡くなる事は少ないという事。)

病気の事を良く知って、良い獣医師と巡りあって、
沢山の仲間と巡りあって、そうすれば、きっと健次郎のように
勇敢に闘えると思います。

愛する猫ちゃんの穏やかで健やかな日々が少しでも長く続きますように。


健次郎&雪音←本家サイトです。(リニューアル中) 良かったら見てください^^】
※もし、フォーラム記事を読みたい!と言う方がいらっしゃいましたら、
 アメブロ(ゆきけん&emuの日記)のメッセージまで、ご連絡下さい。
※その際、アメブロに登録して頂く事になります。すみませんが、ご了承下さい。
 姉妹ブログゆきけん&emuの日記雪音の健康日記も宜しくお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

0
    ポチっと宜しくね。

    ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
     にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
    にほんブログ村


    | - | | - | - |
      
     
    健次郎の通院(再検査)
    JUGEMテーマ:病気と闘う猫
    今日、健次郎の再検査のために通院してきました。

    今日は体重測定で、前回より更に減っていたら
    血液検査もするとの事でしたが、ガスターの投与が
    終わった後、吐くことが多かったので、検査もお願いしました。

    ↓以下、通院の様子です。

    まずは体重を測定。

    前回よりまた減って、3.3kgでした。
    これ以上は減らないといいのですが、、、。

    そして、今日も腎機能の検査と血球計算
    貧血の検査をしてもらいました。

    結果は、
    BUN  前回71今回59mg/dl
    CREA前回6.0今回4.2mg/dl
    PHOS(リン)前回10.1mg/dl10.9mg/dl でした。

    リンは少しだけ上がっていましたが、ほかは下がって
    皮下点滴の量を増やした甲斐がありました

    貧血はht前回22%20.7%と下がってしまいました。
    これは体内の水分量が増えて薄まったのかなとの事。
    要経過観察です。

    それでも、BUNとクレアチニンが下がってくれて
    良かった〜
    特にクレアチニンがまた4mg/dl代に下がったので
    ホッとしました(まぁ正常値よりは高いのですが

    これで、また暫く数値的に(まぁあくまでも数値ですが)
    安定してくれるといいねと先生も言ってくださいました。
    先生はご自分の猫ちゃんの具合も思わしくないのに、
    今日も色々話を聞いて質問にも答えてくれて、
    薬(レナルジン)の話も相談することが出来ました。
    (これはまた明日以降書きますね

    さて、今日のこの結果を受けて、
    皮下点滴の量を少し減らしてみる事になりました。
    今250mlを毎日入れていたのを、1パック(500ml)を
    3回に分けて、つまり3日で500ml入れることになりました。

    その他にも、薬の投与にも変更があり、新しく
    アルサルミンが加わりました。(胃の保護とリン吸着の効果を期待しての処方)
    ガスターも再度処方してもらいました。

    アルサルミンを投与するので、薬の飲ませる時間も一部
    変更になりました。
    (簡単に言うと、アルサルミンが胃の粘膜を保護するため、
     薬の吸収を効果を弱めてしまう。)
    今まで飲んでいた薬でメルカゾール1/4錠以外は
    すべて朝に飲ませる事になりました。

    また、ステロイドも吐き気を誘発する可能性もあるとの事で
    (間違っていたらすみません・・・)
    投与量を減らす事に・・・
    1/2錠を隔日投与することになります。(出来れば切る。)


    1週間後にまた体重測定をします。
    これ以上の体重減少を防げるといいと思います。

    ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

    0
      ポチっと宜しくね。

      ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
       にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
      にほんブログ村


      | 通院・血液検査 | 18:12 | comments(5) | - |
        
       
      スポンサーサイト
      ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

      0
        ポチっと宜しくね。

        ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
         にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
        にほんブログ村


        | - | 18:12 | - | - |
          
         
        フードが購入できたようで良かったです!健次郎くん、病院よくがんばりましたね。うちのたまは、メルカゾール4分の3掟を朝晩です。これ以上減らすとT4が上がってしまいます。薬の量は本当に難しいです。
        勝手なお願いで申し訳ないのですが、前回のコメントにメールアドレスを記入してしまったので、コメントを非表示にお願いすることはできますか?
        | ぴあの | 2011/03/31 9:22 PM |
        >ぴあのさん
        ありがとうございました(^-^)
        購入して帰ったら、夕方に宅配分も届いていました。
        これで暫くは大丈夫そうです(*^_^*)

        本当にメルカゾールの量は難しいようです…。
        先日の検査では、ストレスでも変動があると言ってました。
        震災の時、一時バタバタしたので心配しました。
        今回も、薬の飲み方を変えるのに、メルカゾールだけは
        あまり変えたくないとの事で、朝晩の量を変えただけで、
        1日2回は変えないでおこうと言う事になりました。

        コメント了解です。
        私もそうした方がいいか聞こうと思ったのですが、
        すみませんでしたm(__)m
        | emu | 2011/03/31 11:00 PM |
        こちらを優先するとあちらが、、
        と いろいろと調整がむずかしいですよね
        小さな体だけにちょっとした事でもすぐにバランスがとれなかったり;;;

        kumaやんもアルサルミン飲んでました
        たくさんお薬のんでたし そら胃腸くんも大変だったんだろうな

        でも健次郎くんはほんとがんばってくれてるにゃ
        嬉しい。。。


        そして ぷにゅぷにゅ ありがとうです
        (*^。^*)
        | しゅぽぽ | 2011/04/01 2:22 PM |
        >しゅぽぽさん
        ほんとに・・・。
        色々調整は難しいです。
        でも、健次郎頑張ってくれています(#^^#)

        そうですか、kuma君もアルサルミン飲んでいたのね。
        確かにね、薬も多いものね。。。

        こちらこそありがとう。いつもありがとう(*^_^*)
        | emu | 2011/04/02 5:15 PM |
        初めまして。「健次郎の健康日記」を昨日読み終えたところです。大変興味深く、知りたかったことを数多く教えて頂きました。どうもありがとうございました。
        溺愛されている健次郎ちゃんの写真には本当に癒されます。
        亡くなるまであんなにかわいくきれいなお顔のままだなんて!
        浴衣姿のお写真が一番のお気に入りでコピーさせてもらいました。本当にかわいいですね。
        そのうえあそこまで細かい様々なデータがあって、タダ読みするのが申し訳なく感じられたほどです。本におまとめになられるとよいのではないでしょうか。
        医者嫌いの薬嫌いという私ですが少し心を入れ替えてもう少し獣医さんとお付き合いしようと思います。
        勉強熱心なEMUさんに余計なことだとは分かっているのですが、一つだけ私の経験をお話しさせてくださいね。
        家の多飲多尿で限りなく透明なおしっこをする猫に、ホリスティックと銘打ったドライフードをやりますと、薄黄色の尿をするようになりました。あまりおいしそうではないのですけれど。
        以上です。
        ではこの辺で。
        あなたほど猫が好きなわけではない飼い主には大いに勉強させられることばかりで、恥ずかしいです。
        雪音ちゃん、ご主人とお幸せに。

        | 白蘭 | 2012/05/01 10:17 PM |









        CALENDAR
        SMTWTFS
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>



        東日本大震災・被災動物の為の
        チャリティーショップ
        『出来ることを、少しずつ。』
        出来ることを少しずつへ

        RECOMMEND
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        デンタルシリンジ
        デンタルシリンジ (JUGEMレビュー »)

        強制給餌に便利です。

        『カーブチップシリンジ』や
        『強制給餌シリンジ』と言う
        名前で販売されているショップも…。
        シリンジの先を好みの太さにカット
        出来るので便利です。
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫!
        ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫! (JUGEMレビュー »)
        井上 緑,小方 宗次,金安 まゆみ
        ご長寿猫さんと暮らした方の体験談や一度は考えておきたい事、介護のコツ等も載っています。とても参考になる一冊です。
        アクセスカウンター
        NEW1週間消臭・抗菌デオトイレセット
        本間アニマルメディカルサプライ
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        LINKS
          
          にほんブログ村 猫ブログへ
          ↑参加しています。
        1日1クリックお願いします。
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode

        SPONSORED LINKS
         (慢性腎不全の猫ちゃんにはお奨めです)

          療法食ウェットフード
          ●腎臓サポート アルミトレイタイプ(左)とパウチタイプ(中央)フィッシュテイストパウチ(右)(ウォルサム)
          ●猫用 k/d MC 粗挽フォーム(ヒルズ)   ●猫用 k/d 156g (ヒルズ)
          ●腎臓アシスト(アイムス)        ●FKW(スペシフィック)

         
          療法食ドライフード
          ●猫用 Dr’s Care キドニーケア (三共ライフテック)
          ●腎臓サポートドライ(左)腎臓サポートスペシャル(中央)(ウォルサム)●k/d(ヒルズ)
           《健次郎の療法食の記録》はこちらを見てね!※療法食の選択はあくまでも健次郎の場合です。
                 (もし、療法食を与えることになった時は、動物病院で詳しく説明を訊かれることをお勧めします。)

        このページの先頭へ