CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫!
ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫! (JUGEMレビュー »)
井上 緑,小方 宗次,金安 まゆみ
ご長寿猫さんと暮らした方の体験談や一度は考えておきたい事、介護のコツ等も載っています。とても参考になる一冊です。
RECOMMEND
アクセスカウンター
健次郎
甲状腺機能亢進症、慢性腎不全、膵炎等 沢山の病気と闘いながらも、20歳9ヶ月まで 一緒に居てくれました。 このブログの最初の主役です。

雪音
健次郎の相方。 1995年10月生まれ 2017年の春から 原因不明の肺の病と闘い、 8月21日に健次郎の所に旅立ちました。 このブログの2番目の主役です。

MOBILE
qrcode
<< 素敵な言葉をありがとう | main | 健次郎を想う(フォーラムに参加して) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    健次郎の思い出(優しい顔)
    0
      最近やっと、旅立つ前の写真が見られるようになってきました。
      思い出すと辛かったので、中々今年の写真は見られませんでした。

      亡くなる約1ヶ月前の健次郎です。

      なんか、とても優しい顔をしているような気がします。

      今現在、闘病中の猫ちゃんのお世話をされている方や
      高齢猫ちゃんの介護をされている方は良く分かるかも知れませんが・・・
      この上の写真の少し前の頃、私は健次郎に嫌われて
      避けられているんじゃないかと思った事がありました。

      毎日、多分健次郎が嫌であろう事(投薬や強制給餌など)をして
      確かに健次郎も辛かったのかも知れません。

      でも、今日、それからの健次郎の写真を見ていたら、
      何か、本当に穏やかな顔をしていて・・・

      ああそうか、健次郎はもう何もかも分かっていたんだなぁって
      なんだか、そんな気がしました。

      きっともうこの頃には、全て許していて、私のする事も
      受け入れていてくれたように思います。

      そして私も、健次郎をお空に返さないといけない日が直ぐそこまで
      来ているのかも知れないと感じるようになっていました。

      健次郎と過ごした最後の1ヶ月。
      思い返すと、本当に穏やかな日々でした。

      今日写真を見て、あまりにも細くなっていた健次郎が、
      どれ程頑張って生きていたか。その事を改めて感じました。

      その頃の事をこうしてじっくり振り返って
      色々想う事が出来るようになった。

      またそれも、一つ私が健次郎からの「課題」を
      クリアしたという事なのかも知れません。
      | 思い出 | 22:59 | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:59 | - | - |