CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫!
ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫! (JUGEMレビュー »)
井上 緑,小方 宗次,金安 まゆみ
ご長寿猫さんと暮らした方の体験談や一度は考えておきたい事、介護のコツ等も載っています。とても参考になる一冊です。
RECOMMEND
アクセスカウンター
健次郎
甲状腺機能亢進症、慢性腎不全、膵炎等 沢山の病気と闘いながらも、20歳9ヶ月まで 一緒に居てくれました。 このブログの最初の主役です。

雪音
健次郎の相方。 1995年10月生まれ 2017年の春から 原因不明の肺の病と闘い、 8月21日に健次郎の所に旅立ちました。 このブログの2番目の主役です。

MOBILE
qrcode
<< お空へ・・・ | main | 今日と言う日 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    1年経ちました
    0

      今日、健次郎の命日を迎えました。

      あれから1年が経ったのです。

      今朝は今までの暑さが嘘のように涼しくて。
      でも、去年と同じような薄曇の日でした。

      朝、目が覚めた時の感覚が、去年のあの時と
      少しだけ似ていて・・・いつもとは違う切ない気持ちもありました。


      私は、健次郎が亡くなった時の事はホントあまり思い出さず、
      いつも楽しかった時の事を思い出すことの方が多いのだけど、
      やっぱり今日は、今日だけは、あの朝の事も思い出しました。


      今、その時の事を少しだけ振り返って話すとしたら、
      私は、健次郎の呼吸が止まっているのを確認した時、
      『ああ、ついに別の世界に行ってしまったんだね。』
      と、そう思いました。


      その少し前の容態から、健次郎の旅立ちがそう遠く無い事は
      分かっていたし、自分なりに少しずつ心の準備はしていたので、
      不思議と動揺するとかは無かったと思います。

      それとね。
      今だから・・・きっと初めて書くことかも。

      健次郎を荼毘に付したのが当日だった事。
      kinと私がその日休みだったというのもあったけど、
      実は私の中ではそれだけじゃ無かったの。


      何度かこのブログで書いたけど、健次郎は若い頃ずっと
      やんちゃで、めちゃくちゃ元気でワイルドで・・・

      だから、動かない健次郎を見るのが本当はちょっとだけ
      辛かった。切なかったのです。

      去年の記事に書いた様にまだ一緒にいたいという気持ちもあったけど、
      早くお空に返してあげたいって言う気持ちも心の中にあって…
      だからその日のうちに、健次郎を空へ返しました。

      でも、健次郎はもっと傍に居たかったかな、と後から
      思ったりすることもあった。


      だけど、姿形ではないところで、私と健次郎は繋がっている。
      そう信じていた(信じている)ので、今でもこの事は
      後悔してはいません。

      健次郎と過ごした20年ちょっと。
      今思い出しても、本当に幸せでした。

      多分、来年も再来年も、きっと同じ事を思い、
      健次郎の命日を過ごすのだろうと思います。


      最後に。
      健次郎と過ごした今日の話はこちらへ。

      | 思い出 | 23:31 | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:31 | - | - |