私の愛する健次郎は2011年7月20日、20歳と9ヶ月でお空へ帰りました。
慢性腎不全・甲状腺機能亢進症・原因不明の時々見られる尻尾の麻痺(痛み)・膵炎
と、本当に沢山の病気と闘いました。

最期までイケメンで格好良かった健次郎の事を見てあげて下さい。

現在は不定期に思い出などを綴っています。

※このブログには健次郎の状態(様子)や血液検査の記録、通院の様子などを日記として書いています。
これらの状態は健次郎の場合ですので、あくまでも参考として見て下さいね。
<< いつも一緒 | main | ご無沙汰です。 >>

始めに…
ここを訪れて下さった甲状腺機能亢進症と闘う猫ちゃんのお世話人さまへ
(是非読んで下さいm(__)m)
このブログは猫の甲状腺機能亢進症を検索してたどり着かれる方が多いです。

健次郎は亡くなってしまいましたが、最期まで甲状腺機能亢進症には
負けてなかったと思います。

甲状腺機能亢進症は上手く付き合えれば、健次郎の様に長く生きられる事が
多い病気です。(甲状腺機能亢進症が原因で亡くなる事は少ないという事。)

病気の事を良く知って、良い獣医師と巡りあって、
沢山の仲間と巡りあって、そうすれば、きっと健次郎のように
勇敢に闘えると思います。

愛する猫ちゃんの穏やかで健やかな日々が少しでも長く続きますように。


健次郎&雪音←本家サイトです。(リニューアル中) 良かったら見てください^^】
※もし、フォーラム記事を読みたい!と言う方がいらっしゃいましたら、
 アメブロ(ゆきけん&emuの日記)のメッセージまで、ご連絡下さい。
※その際、アメブロに登録して頂く事になります。すみませんが、ご了承下さい。
 姉妹ブログゆきけん&emuの日記雪音の健康日記も宜しくお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

0
    ポチっと宜しくね。

    ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
     にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
    にほんブログ村


    | - | | - | - |
      
     
    7月
    JUGEMテーマ:日記・一般
    ※一部アメブロの内容と重なります。

    今年も7月になりました。
    健次郎とお別れした月です。
    でも、私はいつも健次郎と一緒だと思っています。

    このブログは健次郎の健康管理のために書き始めたのですが
    主役がいなくなり、書く事も少ないですが、有り難いことに
    今でも、月6,000以上ものアクセスを頂いています。

    過去に何度か触れた事もありますが…実は、健次郎の旅立ちの後
    私emuはある病気であった事が分かりました。

    当時の私は、健次郎の介護や看護で、自分のその危うい状態に
    気づきつつも気づかないふりをしていました。

    そしてそんな中7月7日、健次郎の命の期限について宣告をされたのでした。

    健次郎はずっと甲状腺機能亢進症と慢性腎不全を患い
    その年の春には膵炎とも言われました。

    でも、この時に宣告されたのは、何かもっと重大で
    当時の私が、『ああ・・・もうその時は近いんだなぁ』って
    そう理解できる(するしかない)ことでした。

    健次郎はもしかしたら免疫系の病気かもと言われたのでした。

    今思うと、その数ヵ月後に、私が自己免疫疾患の病気だと
    診断されたのがとても不思議に思います。

    当時、健次郎のその病名については結局分からなかったですが、
    今は自分の病気の事もあって、当時の自分より、健次郎の主治医が
    どういう事を言いたかったのかが分かるようになりました。

    だから、今更だけど、もう少し理解出来ていたら良かったと
    私の数少ない後悔に近い思いになっています。

    あの時、あの年、健次郎が旅立って行ったのは、もしかしたら
    「emu、自分の身体のメッセージに気づいて!」という事だったのかも。

    時が経つにつれて、そういう想いが強くなって行きました。

    もう一つ、すごい偶然というか驚いたのが、私が今飲んでいる薬の
    投与出来る上限量がその年から増えたことです。
    それまでより最初から薬を増やせるようになり、私は診断後直ぐに
    その基準での治療が出来たのでした。

    偶然と言えばそれまでだけど、それだけじゃないようにも思います。

    本当は健次郎も私ももっと一緒に居たかったけど、その別れは
    ずっと前から決められていたものだったのかな・・・。

    今、私は闘病しながらも健次郎を近くに感じて、前向きに進んでいます。

    健次郎が気づかせてくれた、「自分をもっと大事にすること」を
    これからも守っていけたらなと思っています。
    ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

    0
      ポチっと宜しくね。

      ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
       にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
      にほんブログ村


      | その他 | 07:39 | - | - |
        
       
      スポンサーサイト
      ※コメントはゆきけん&emuの日記へどうぞ(#^^#)

      0
        ポチっと宜しくね。

        ↓参加しています。1日1クリックお願いします。
         にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
        にほんブログ村


        | - | 07:39 | - | - |
          
         
        CALENDAR
        SMTWTFS
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>



        東日本大震災・被災動物の為の
        チャリティーショップ
        『出来ることを、少しずつ。』
        出来ることを少しずつへ

        RECOMMEND
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        デンタルシリンジ
        デンタルシリンジ (JUGEMレビュー »)

        強制給餌に便利です。

        『カーブチップシリンジ』や
        『強制給餌シリンジ』と言う
        名前で販売されているショップも…。
        シリンジの先を好みの太さにカット
        出来るので便利です。
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫!
        ご長寿猫の医・食・住―11歳以上でも大丈夫! (JUGEMレビュー »)
        井上 緑,小方 宗次,金安 まゆみ
        ご長寿猫さんと暮らした方の体験談や一度は考えておきたい事、介護のコツ等も載っています。とても参考になる一冊です。
        アクセスカウンター
        NEW1週間消臭・抗菌デオトイレセット
        本間アニマルメディカルサプライ
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        LINKS
          
          にほんブログ村 猫ブログへ
          ↑参加しています。
        1日1クリックお願いします。
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode

        SPONSORED LINKS
         (慢性腎不全の猫ちゃんにはお奨めです)

          療法食ウェットフード
          ●腎臓サポート アルミトレイタイプ(左)とパウチタイプ(中央)フィッシュテイストパウチ(右)(ウォルサム)
          ●猫用 k/d MC 粗挽フォーム(ヒルズ)   ●猫用 k/d 156g (ヒルズ)
          ●腎臓アシスト(アイムス)        ●FKW(スペシフィック)

         
          療法食ドライフード
          ●猫用 Dr’s Care キドニーケア (三共ライフテック)
          ●腎臓サポートドライ(左)腎臓サポートスペシャル(中央)(ウォルサム)●k/d(ヒルズ)
           《健次郎の療法食の記録》はこちらを見てね!※療法食の選択はあくまでも健次郎の場合です。
                 (もし、療法食を与えることになった時は、動物病院で詳しく説明を訊かれることをお勧めします。)

        このページの先頭へ